コルセット通学開始

●9/10 今日からコルセットを着けて、娘が学校に行きました。

パパママも心配が尽きませんが、いざ家を出たら、本人に任せるしかありません。幼子ではないから、自分で考えて対処してもらうしかない。

幸い学校側にも協力をいただけます。

着替えの場所の確保や、体育の前後の授業では遅れたり、早めに着替えに退出する許可をいただきました。また、装具師さんから重いリュックは金属があたるので、体に負担になると言われています。これにも配慮してもらい、普段、家庭で使わない資料集などは、学校に置いて帰って良いことになりました。(世間的に通学荷物を減らす方針になっており、時代も助けてくれています)

実際の学校生活の中で、その他にも学校や友達に協力してもらうことが多いでしょう。周囲の理解を求めることが多いでしょう。本人も不便や大変な思いをするでしょう。この経験を将来に活かして欲しい。立場が変わった時に、思いやりをもって接するようになって欲しい。

本音を言うと、できることなら娘には辛い思い、嫌な思いをすることがないように願ってしまうけどね。

かなりゴツいコルセットです。周りの人にケガをさせたり、本人がケガをしたり、コルセットが損傷しない(されない)ように、気をつけないとね。

これを書いているのは、9/12の夜。

3日間、無事に過ごせました。気遣ってくれる友達もいるようです。周囲の協力に感謝です。